1


2024:1:5 (金) 快晴ほぼ無風

新年になってから、我が恒例の近場低山の初登山も行っていない、天気も良さそうですので 家内に初登りにでもと声かけるが、昨年のケガ(骨折)からもう半年も経っているしリハの先生からも年末までの治療も終了となっているので、低い山ならとも思ったのですが、当人は、もしも、もしも登山中に転倒でもしたら 今までの辛い治療が全て 台無しになるから、まだ不安が有ると言う。

ならばどこかウオーキングでもと行先探したら 近場に新しく市の施設で、曽根臨海スポーツ公園なるものが新設されたとの情報にて そこならウオーキングエリアもあるらしい、さっそく出向いて見た

冒頭の画像は 旧曽根飛行場の飛行機の誘導灯で現在は使われていない

スポーツ公園に着きました

2

到着してみれば 見渡す限りの広大な公園エリア、子供たちの大好きな遊具もあちこちに配置されている、芝広場、スポーツエリアと、散策ウオーキングコースと 子供、大人が十分の利用できる設計になっています。
早速、我々はウオーキングエリアへ進む


3


4


5


6



7

広大な 曽根干潟が前方に広がるエリアへ。この干潟は野鳥観察には良い場所らしい。それらしき大型カメラを担いだ野鳥観察の人もチラホラ見かける

我々は初めてなので どこ方向へ行けばいいのかよくわからないが 取り敢えず 干潟防波堤沿いの長いルートを探索兼ねて歩いてみようかと。


8

遠方に物凄い煙が立ち上って見える、もしか火事?? でもサイレンも聞こえないし。。。。などと話しながら。

干潟防波堤沿いに、並行して川幅十数メートルぐらいの水路がある、大小の野鳥などがいるが、
野鳥用のカメラもないし、ましてや 野鳥の事全く知らない、


9



10


11

スマホカメラです、少し検索すれば どうも カモの仲間らしいが コガモとかも、
小さな野鳥が飛び交っています。


12

心地よい海風を受けながら歩けば 広大な曽根干潟の白や黒い野鳥が沢山いますね!!


13


14


防波堤の内側もちょいと探索


15


看板

16


この誘導灯の先に アーチの架橋が確認されます、そちらが 新北九州空港(24H稼働の海上空港)
今は利用されていない旧曽根空港時の、誘導灯は順次撤去される工事が始まる予告版が有った。

それにしても広い&広大な曽根干潟、洋々な野鳥は勿論、海洋生き物の宝庫だそうで、展示館も有るが当日は お正月期間は休館で見学できず残念でした。

たまたま 軽い気持ちでウオーキング目的で出向いたが これからのウオーキング兼ねて探索が楽しみになった。家内もここなら 安全でウオーキングエリアも長いしまた時々訪れたいと気に入った様子でした。暫くは安全ウオーキングに徹するらしい。