2023:11:26 4名


1




天気も良し、風もなさそう、もほとんど見るべき山野草もありません、やはり、そんな時は、旧知の友人たちと、旧交を温める時、なんて大袈裟な計画ではありませんが、自分個人的に 以前加入していた山の会(現在は解散して現存しない)、とある夜、山の会在籍当時のことを何故か”夢”を見た、その中に mちゃんはいた。どうしてるかな~~と思い切って携帯してみる。いつもの明るい声で ”元気してる??”。何にも用事ないけど云々を述べ、平尾台にでもちょい歩きにどう?と言うと是非 行きたいと。
当時の山の会でも、その後でもお付き合いある山友さんも誘い込んで日程調整してようやく平尾台歩きが実現した。


2


3

もう晩秋と言うよりか、完全に初冬と言う雰囲気の台上、朝方相当冷え込んだようで、散策路の日陰には パリパリの霜が降りている、 霜が出来るのは一般的に、気温が4度以下に冷え込んだときだとか。条件&環境にも左右されるだろうけど、台上はやはり 4度以下に冷え込んだのでしょうね。

ぶるぶると冷え込んだので、だるまさんみたいに着込んだ我々は歩き始めると次々と ぬいぐるみをはぐが如く被覆調整である。


4

秋は空気が澄んで見通しが良い、

5

今日は比較的 緩やかな、シルバースペシャルコースを歩く(勝手に呼ぶルートで台上には正式にはそんなルートは有りません)

積る話が尽きない。あの人は、この人たちは?今どうしてる?などなど。中には鬼籍入りした当時の会員さんの話など。


6


7

平尾台ブルーが空高く!


8

何度も休憩を挟みながら、のんびりタイムを楽しみながら・・・少しづつ高度を上げてゆく

9


向かう四方台が随分近くに見えるようになった

10


11

自分のお気に入りスポットからのロケーション、最奥には写真では小さな鋭峰の福智山がちょこんと。


12

さあ、ここを登りあがったら 主峰 貫山です。


1

今日は休日、快晴です。山頂柱を人影なしで 撮る暇がないほどの多くのハイカーが昼休み&ランチタイムしています。何とか人物避けてパチリ。

ランチタイムをしながら眼下 行橋方面へ目を凝らすと。なんと自衛隊、築城基地での航空祭が有るらしく いわゆる 飛行機によるデモンストレーションの様子が山頂から遠く 確認できた。
少し現地から遠いので鮮明には見えないけど 綺麗に空に 弧を描いたりしていた、


13


14


15


16


17


18


近くで見れたら凄い迫力だろうな~~

そろそろ下山しましょうか、多くのハイカーグループが次々に下山始めている


19

我々は 急坂経由 大平山から吹上駐車場へのコースです。





20


22


膝の調子もよくない M氏 頑張っています。


23


24

大平山に到着です、ここで平尾台の雄大ロケを見下ろしながらの大休憩。
25




26


久しぶりにご一緒した 紅一点のMちゃん、
自分が山の会に入会した時は50代半ば、Mちゃんは 会員では少し先輩だった。
Mちゃんに聞けば 30代前半に山の会には入会したとか、むさくるしい男衆が多い中
その山の会では30代女性は多分一人だった?ようで 男性会員の良き マドンナ的な存在でした。そのMちゃんもそろそろ、大台入りらしい、お互い年を重ねたもんです。いつも優しい気遣い 心使いは当時と少しも変わらない。我々、爺三人衆の今でも良きアイドル的存在も変わらない。
そんな旧友との平尾台歩きは久しぶり、とても楽しい一日でした。
Mちゃんは、今日は楽しかった!また 誘ってね! と相変わらず可愛い言葉を残して帰路に就くのでした。