2023:11:19(日)快晴 5名

1


2


防長の山々、(山口を楽しもう!企画)の二日目です。
民宿での、余りにも楽しい”宴”の夜の、部屋での二次会は語りは尽きない、部屋での痛飲は夜遅くまで続いた、一夜明ければ、昨日と打って変わって、お行儀よろしい、面々には天気も味方してくれて、絶好の登山日和となった。

朝の民宿前の長閑な海岸風景、海は宿のすぐ近く、だが、余りにも海近くにて、何かあると(津波?)
怖い感じですが海のロケーションは抜群の立地ですね。

2


3


さあ、朝食を頂いて、我が登山隊は一路 登山口へ向かいましょう、
着いたのは 東登山口である、千防砂防公園キャンプ場の駐車場です。

4


個人的には随分と懐かしい十数年ぶりの 防長の山歩きです。
今日は 千防川公園~仏岩~行者山~亀尾山(大海山)~中岳~勘十郎岳~駐車場への 周回コースです。

駐車場は天気良し、休日とあってか、ほぼ満車に近い、さっそく、身支度済ませ、我が隊もゴーです。

5


タヌキさん?にこちらからよ!とは言われなかったけど 入山目印が可愛い 行ってきま~す!!とご挨拶。

6


7


リーダーさんに導かれて我々も続く

8

まずは行者山(仏岩)へのコースへ。

9


もう山野には花もほとんど終わりになった

10


11


まずは 落ち葉をカサカサと踏みながら

12


竹林の道に分け入る

13


距離は短いが小さなアップダウンの小道が何回も続く、

14


この岩山が行者山のようです。

15



樹間からのロケはなかなかよろしい、一息入れます。

16


17


18


少しの休憩したら、回り込むと仏岩の祠が鎮座されている、南向きかな 風もなく暖かいくつろぎ場所です。

19


20


大海峠コースを少し先へ進むと小さな案内板 東山です。展望所があります。

21


22


周防の?瀬戸内の海?でしょうか、素晴らしいロケーションが広がっている。

23
多分ですが、ゴンズイ?の実が鮮やかです

一息いれたらここから暫く尾根伝いに 大海山(亀尾山)へ向かおう

24


25

またまた小さなアップダウンの小道、スライドするハイカーも多くお互い譲り合って先へと。




26


どうやら 本日の最高峰?(325m)の大海山(亀尾山)にとうちゃこ~~。

27


海側の視界が広がり、洋々なベンチなども多く設置されている。この山系を愛する人たちの尽力に感謝しながら 休憩させてもらう、後続のハイカーさんたちが続々と登りあがってきて、それぞれランチタイムのようです、登山者の憩いの場所として定着しているようです。

我が隊はまだお昼前と言うことで、この先の勘十郎岳にてお昼することにして ひとまず 先へ行こう

28


29


小刻みな多くのアップダウンがあります

30


小さなピークの中岳、少しの展望所が開けている

31


寄り添う様な巨岩が ”母子岩” なるほどねー!、座布団三枚!!上げよう、

32


そんなこんなの奇岩を見つけながら 少し登りあがれば、勘十郎岳(246m)に着いた。


33


34


有難いことにここにも シルバーチェア??が設けられている、有難く利用させてもらい、我が隊は
ここでお昼タイム。眼下のロケーションも ランチのお供にさせてもらい、至福の時間は楽しく盛り上がったのでした、

元気印のKさん、さっそく一番高い場所からのロケはいかがだったでしぃうか。

37




お昼タイムをのんびりと済ませれば かなりの激下りの西コースにて登山口駐車場へ下山です。
一日コースとしては 時間的にも余裕あるベストタイムの防長の山、大海山~勘十郎岳の周回登山でした。二日間に渡って、企画、宿の手配 またまた引率と多岐に渡って企画頂いた、Jさん K女史さんの
お二人には今回も どっぷりとお世話になりました。年末近いので来年の事を言うと”鬼さん”が笑うでしょうが 早くも次回の企画を今から楽しみにしております。ありがとうございました。