2023:4:3(月)快晴

ほぼ三年間 コロナ・コロに明け暮れ孫たちの学校生活も学校行事も行動の自由&自粛が長く続いた、そこで、娘家族が思い出作りに、春休みを利用してどこか行こうと提案、勿論、爺婆も異論有るはずもなく
娘たち夫婦の仕事の調整をして 4月3日~4日の一泊で久住方面へでした、孫たちは普段は友人やまたは ゲーム?とかで遊んではいるが 出かけるとなると 何故か 自然の多い、くじゅうなどの方面が好きなようで、孫たちの希望を優先して まずは孫娘のリクエストである アフリカンサファリパークへ


15

孫娘は普段は内向的でおとなしく、家遊びが好きな方ですが、自然と動物が好きらしく、今回は大はしゃぎ楽しんでいた。今回は サファリーバスではなくマイカーで園内を回ることに。

まずは

1


2

自分勝手に平日でもあり 閑散?としているのではと思っていたが 、なんのなんの大間違い子供たちの春休みでも有ることから まず入場するも車ずらり、駐車場ももう既に満車状態近くでなおさら想定外の驚きである

さっそく 見学コースから動物エリアのゲートへ 小高いコントロールタワーの中の監視員が操作してゲートの開閉をコントロールしているようです。肉食動物の出入りが厳重なゲート管理されている


3

ヤギエリア


4

ここは熊エリア サファリパトカーが厳重に見張り待機しています


5

近くでみると、恐ろしいほどの巨体と迫力満点 車もあまり立ち止まらないでゆっくり進んでくださいとパトカーから呼びかけ。

次は 百獣の王 ライオンエリアへ

6


7


8


ここには二台のサファリパトカーが待機していたが 王様はお昼寝タイムなのか全く迫力ない

7

寝ている姿は 何故か情けない??顔も、もうすこし ピリッとした怖い迫力あるライオン見たかった、後で係員に訪ねたら 一般のマイカーにはまず反応しなくて サファリバスには反応する。
その答えは??クイズです。

正解は サファリバスは 乗車している観光客の為に 肉のエサやりライブがあるそうです、金網に囲まれた バスでも餌欲しさにバスに立ち上がっておねだりして 迫力満点とか。なるほど 餌貰えないマイカーには 用無しで寝てやり過ごしか~~

9


32


33
タイガー



次はキリンさんエリア

10


11


12


草食動物エリアはどこかのんびりしていてサファリーパトもいない

次か像さんエリア

13


14


31


やはり近くでみれば巨大です。

16


アメリカバイソンと鹿

17


カバエリア

18


19


草食動物エリア

20


21


ラクダエリア

22


23


園内一周も敢えて一旦駐車場へ こんどは小動物

24


25


26


28


29


リスザル

孫娘も家族と一緒で安心感あるのか殊の外 楽しんでいた。自分たちの子育て時代 娘を連れてきた以来のサファリパーク、大人も童心に還り 案外楽しめましたね!

お昼も近くなって ここでサファリは終わ少し移動してレストランでのランチタイム

34


結構美味しいランチを頂いた。

これから移動して また孫娘のリクエストで 山並み牧場へ

35


36


広い広い園内、くじゅう連山が目前です素晴らしいロケーション

38


37


馬に乗り遊び

今度は広い園内をトラクター?連結のガタゴト台車?にのって15分ほどの園内一周の旅へ、勿論大人も乗車できます。

44


43


そのルートたるや、完全に農道です、そのガタゴト 左右に大きく揺れる、もう必死の木枠につかまり
、腰をひねって 腰痛を心配するほどに、いやいや もう言葉もないぐらい揺れて・・・・

39


40


41


42


お兄ちゃんだけは元気いっぱい、最近茶目っ気一杯で その場を和ませてくれる。

そんなこんなで 初日目は 孫娘のリクエストに 家族で目いっぱい協力して 大人も楽しんだ一日目でした、
今宵はフルローケーションを満喫できる高原コテージでこれまたごちそうを頂いて温泉でガタゴトのトラクター観覧車の腰のケア?に努めたのでした・

翌日は お兄ちゃんのリクエストに応えての旅です。